フォード GT40 プロトタイプ P102

DETAIL

メーカー Ford
モデル GT40 Prototype P102
年式 1964

Price

EUR 2,200,000

Description

特別オファー!

素晴らしい功績を残したレーシングカーの名車、フォードGT40、シャーシNo.102
事故後、1997年にヨーロッパでリビルド。フォードが誇る、GT40、注目度の高いこのレーシングカーを購入できるチャンス到来です

GT40 #102の歴史
GT40は1964年初頭に完成し、ルマン24時間レースで「il Commendatore」フェラーリに打ち勝つために設計された
フォードGT40 #101は1964年4月2日にイギリスプレスでデビューし、その後2台目のGT / 102は4月のルマンプラクティスウィークエンドでデビュー

テスト運転の結果、高速で運転するには危険すぎるリアリフティング問題を解決した後、1964年のニュルブルクリンク1,000 kmレースで初めての競技に参加
GT-102は、リアサスペンション損傷により300 kmマークでのフィニッシュを余儀なくされが、サーティーズ330Pを除くすべてのフェラーリ車の先頭にたち、驚くほど強力で最高のパフォーマンスのレーシングカーであることを見せつけた。
#102は1964年に複数のテストランとレースに参加し、Ford GT40が強力なライバルであることを世界に示した。

1964年、モンツァの試運転でクラッシュし、スクラップディーラーに送られ、#102はVasek Polak(Vasek Polak Racing inc)に売却。その後約15年間ガレージに保管され、手つかずのままであった。

その後の1978年、エルウッドシーブルックモーターズに売却。そこで、自動車の前部を交換し、MK1の技術的な構成で公道運転可能車として再構築。
公道車両として使用し、1997年に現在のオーナーに売却し、ヨーロッパに輸入

ヨーロッパでは、ゲルスコー社のシャーシの部品を使用し、競争力がありかつ安全なレースカーに再構築
その後は「ブルースマクラーレントリビュート」グッドウッドリバイバル2015およびグッドウッドメンバーズミーティング2016の「アランマントロフィー」のレースに出場
今でも輝き続けるレーシングーカーとなっている