ポルシェ 356 プリ・A スピードスター 1955 135,687km
 
車両価格:425,000 ユーロ / 62,475,000 円*
(*為替の関係で変動する場合があります**プラス別途当社手数料5%がかかります)
 
年式:1955年

走行距離:135,687km

コンバーチブル

マニュアルトランスミッション

素晴らしい歴史(ファイル有り)

長期オーナーシップ

1956年、カリフォルニア州ポモナのカートン・モーターズで、新しいオーナーが1955年製の356プレAスピードスターを手にした日は、とても特別な日だったに違いないでしょう。これは全く新しい356だったのでしょうか?オドメーターは180マイルであったからです。なぜか?1956年の夏、最初のオーナーが、まだ燃料が残っている状態で賭けに出て、2番目のオーナーに譲ったという話があるからです。そのオーナー、ジェイ・グリアはさらに16年間、この車を所有していました。この車は彼の最初の選択ではありませんでしたが、黒の356の納期は非常に長く、彼はこのクリームホワイト(コード603)のポルシェを選ぶことにしたのです。1958年、彼はこの車を、彼の大きな夢である黒のスピードスターに改造することを決意しました。この車は、配線、サスペンション、その他あらゆるものを含め、最後のネジに至るまで完全に解体され、その後、2年の歳月をかけ、磨き、洗浄、塗装を施し、細心の注意を払いながら組み立てていきました。組み立てが終わると、最も美しいスピードスターのひとつとなり、グリアはショーやイベントで多くの賞を獲得しました。グリア自身、次のオーナーに宛てた4辺の手紙の中で、「たくさんの銀貨を持ち帰りました!」と表現しています。走行距離のほとんどは、「ワインと女とラリーに明け暮れた初期に費やされたものだ」と、グリアが再び引用しています。16年の時を経て、「世界で最もオリジナルな356」というこのクルマに新たな章を加える時が来たのです。この車は、レーシングドライバーであり、レーシングチームのオーナーであり、コカ・コーラの大株主でもあるリンゼイ・ホプキンスに売却されることになりました。ホプキンスはインディカーシリーズで活躍し、この間連戦連勝。また、週末以外でもスポーツドライビングを楽しんでいるようで、4年間にわたりスピードスターを走らせました。この間、マッチングナンバーのオリジナルエンジンは、スピードスターに搭載されるより高速な1,720ccのエンジンに変更されたため、現在は搭載されていません。

4年後の1976年、356は新しいオーナーと出会い、そのオーナーはその後40年間もこのクルマを所有し続けることになります。この人は、このクルマを徹底的に楽しみ、そのオリジナリティを他の誰よりも深く評価している。レストアはせず、ただひたすらメンテナンスをする。こうしてこのオーナーは、この356が今日、最もオーセンティックなスピードスターのひとつになるのを目にしたのです。
2016年、このポルシェは、オランダの最も新しいオーナーのもとにやってきました。新しいオーナーは車好きで、ピカピカの塗装よりも本物志向で、幸いにもこの356は安全な場所に置かれました。このオランダ人オーナーは、オリジナルのエンジンをアルクマールにあるポルシェのスペシャリスト、クラアンに持ち込み、オーバーホール後に他の車と再会させました。彼は、この車のオリジナルを維持するために、外観に変更を加えないよう主張しました。写真を見ていただければ、彼の要求が忠実に実行されたことがおわかりいただけると思います。機械的に素晴らしい状態で保存されているユニークな356は、これ以上ないほど素晴らしいものです。この証明はすべて、付属の書類、オリジナルのオーナーズマニュアル、そして前述の手紙を含む多くの興味深い他のアイテムによって裏付けられています。

 
【写真】
         

 
 
 
■詳細画像はこちらClick here