シトロエン ID21 ステーションワゴン 1972 77,047マイル
 
予想落札価格:60,000~80,000 米ドル / 6,600,000~8,800,000 円*
(*為替の関係で変動する場合があります**プラス別途当社手数料5%がかかります)
 
年式:1972年

色:サントリーニ・ブラック・メタリックのボディにビンテージ・タンの内装

走行距離:77,047マイル

色:白いルーフにライトブルーのボディにブラックの内装

エンジン:2.2L インライン 4

VIN番号– AC723572143

ハイライト:
-珍しい5速マニュアルトランスミッション
-機能的なCoolaireのエアコンを装備
-操作可能なヘッドライト
-広範囲にわたる外観およびメカニカルなレストア済み

オーバービュー:
1955年にシトロエンが彫刻家兼デザイナーのフラミニオベルトーニに航空エンジニアのアンドレルフェーブルとの協力を依頼したときに考案されたシトロエンDSは、20世紀で最も影響力のある車の1つになりました。 自動車プレスによってすぐに称賛され、これまでに製造された中で最も美しい車の1つとして複数の情報源から絶えず認識されているシトロエンDSは、20世紀で最も視覚的に印象的で機械的に進歩した車の1つとして今も君臨しています。 洗練されたフロントエンジン、フロントドライブのレイアウト、未来的な外観は、特にオリジナルの機能、既知の所有権、および異なるモデルのバリエーションを備えた例として、世界中のトップコレクターを感動させ続けています。

DS21で提供されている多くの機械的イノベーションに加えて、快適さ、パフォーマンス、乗り心地のエンジニアリングは他に類を見ません。 耐久性のある4速マニュアルギアボックスは、8.75対1の圧縮を実行する2175cc4気筒半球型ヘッドエンジンの完璧なコンパニオンでした。 2バレルのウェーバーキャブレターは、エアロダイナミックな形に一部起因し、驚くべき性能と優れた高速道路でのクルージングを備えた良好な燃費を提供しました。

車の歴史:
現在のオーナーによると、この車は1998年に元々のオーナーから購入された直後、カリフォルニア州グラスバレーのシトロエンコレクターにすぐに販売されました。その後、現在のオーナーに販売される2012年までそのコレクターがこの車を所有していました。前のオーナーは、この車をアップグレードするために、彼がヨーロッパから輸入した5速トランスミッションを取り付けました。 当時所有していた約20台のシトロエンの中でお気に入りだったようで、彼はこの車を頻繁に運転していました。 前のオーナーの所有時(約20年前)に、再塗装されています。

過去10年間、現在のオーナーの管理下にあったこの車は、彼の妻のための車として費用を惜しまず準備されました。 オーナー自身、尊敬されているヴィンテージカー愛好家であり、シトロエンの専門家でもあり、エンジンの再構築、調達、珍しいシトロエンCoolaire空調システムの設置など、すべての主要な機械システムに取り組みました。 希少で非常に望ましい5速マニュアルトランスミッションの恩恵を受けているこのシトロエンDSは、これらすべての非常によく設計された最高の機能と広範囲のレストアを組み合わせています。

レストアと改修の間に、エンジンが取り外され、すべての主要なコンポーネントが解体されました。 エンジンは、プレミアムMahleピストン、新しいベアリング、新しいカムシャフト、新しいタイミングチェーン、リフター、新しい燃料ポンプ、およびバルブジョブを使用して再構築されました。 ブレーキをオーバーホールし、新しいローターとパッドを取り付け、CXモデル用の新しい大容量油圧ポンプをフランスから輸入して取り付け、新しいメインアキュムレーターとすべてのサスペンション球を交換しました。 追加のメカニカルの詳細には、次の部品の交換が含まれます。

新しいspeedoケーブル
新しいスターター
新しいUジョイント
新しいウォーターポンプ
新しいラジエーター
新しい冷却ホース
新しいベルハウジング
新しいモーターマウント
新しい排気熱シールド

パワーステアリングラックが再構築され、すべてのサスペンションラバーブーツが交換され、すべてのグリースジョイントがリパックされ、新しいクラッチディスクと圧力プレート、スローアウトベアリング、およびフライホイールベアリングが取り付けられました。

パワーステアリングラックが再構築され、すべてのサスペンションラバーブーツが交換され、すべてのグリースジョイントが再梱包され、新しいクラッチディスクとプレッシャープレート、スローアウトベアリング、およびフライホイールベアリングが取り付けられました。 機械的な改修が完了すると、オーナーは完全なシトロエンCoolaire空調システムを合計18,000ドルで調達しました。これには、非常に珍しいフロントマウントコンデンサー(バンパーの後ろに配置)と新しいSandenロータリーコンプレッサーが含まれます。

車に施された大規模な機械的な作業に加えて、車はサウスベイ・ボディ&ペイントショップのプロによる再塗装が施されています。 2021年には、新しい同型シートカバー、新しいヘッドライナー、新しいカーペット、すべてのインテリアビニールトリムなど、インテリアも作り直され、車が完成すると、新しいステンレス鋼のサイドパネルと新しいミシュランXVSタイヤと新しいウィンドシールドとともに、マッドフラップが取り付けられました。 また2021年10月(約150マイル前)には、オイルとフィルターの交換が行われました。

一般的なコンディション:
今日、この希少で美しいシトロエンDS21ステーションワゴンは、これらのモデルではめったに見られない独創性と高品質の再仕上げのバランスを特徴とし、優れたコンディションにあります。ツートンカラーの青と白の仕上げは、適切に磨かれたトリムとディテールを備えたスムーズかつ高光沢を保っています。パネルのフィット感は優れており、特にドアとリアハッチは通常ミスアライメントが良く起こりますが、この車は優れたフィット感があります。膨張性のフードは、しばしば歪んだりしますが、フェンダーの端に非常にうまく配置されています。リアガラス、ハッチ、サイドガラスはすべてスムーズに開閉します。ファクトリーと同じ型のホイールは適切に仕上げられており、オリジナルと同じ型の見つけにくいミシュランXVSラジアルタイヤが装着されています。ガラス、ボディトリム、さまざまなクローム部品、エンブレム、レンズ、ヘッドライトカバーは、正しいエッチングラインと体系で、すべて非常に良好な状態です。カバー付きレンズの見た目の美しさに加えて、胴体ヘッドライトは、夜間の運転時にヘッドライトを車の回転方向に回転させるステアリング機能を備えています。特にこの車に装備されている5速トランスミッションとエアコンを備えたワゴンの希少性を考えると、フィット感と仕上がりは全体を通して非常に優れています。車の見た目の状態は、素晴らしいスタンス、印象的な存在感、作業サスペンション、そして珍しいルーフラックが非常に満足のいくものであり、これらすべてがDS21が提供する独特のフランス風魅力に貢献しています。

インテリアは、オリジナルの計装、詳細なノブ、スイッチを備えたきれいに仕上げられたダッシュ、そして優れた状態のリアフォールドアップジャンプシートを装備しています。インテリアの全体的な印象は、耐久性のある織物素材、かっこいいインテリア照明、マッチングドアパネル、そして独特のシングルハブシトロエンステアリングホイールの組み合わせた素晴らしいものです。前方の座席と後部座席は良好な状態にあり、ヘッドライナー、バイザー、および付随するすべてのサーフェイスは、オリジナリティと最近再仕上げられた素材をブレンドした卓越したケアを証明しています。オーディオシステムは、Sony CDX-CA400ステレオCDプレーヤーでアップデートされ、フロントドアのステップダウンされたエントリーセクションに最新のウーファー/ツイーターコンビネーションスピーカーが取り付けられています。後部の収納コンパートメントは、下部の収納エリアに折りたためる横向きのシートによってさらに強化されています。全体的に、素晴らしく未来的なインテリアは、4〜5人の大人のビジュアルを楽しませてくれ快適です。

流線型のフードを持ち上げると、エンジンとエンジンコンパートメントは正しくオリジナルです。エンジンベイ、インテークプレナム、ウェーバーキャブレター、すべてのシステム、および4気筒エンジン自体は、走行距離計に表示される77,000マイルと一致する仕上がりを見せています。下部構造は、清潔でドライサーフェイス、正しい排気、サスペンション、およびブレーキコンポーネントであり、ユニボディフロアプラットフォームまたはサスペンション取り付けポイントへの構造的妥協は目に見えません。

このシトロエンを運転すると、ブランド専門家によって機械的に準備され整えられたこれらの車が提供する並外れた乗り心地にすぐに感銘を受けます。車は簡単に始動し、アイドル状態でハミングし、高速道路の速度をスムーズにします。オプションの5速マニュアルギアボックスはスムーズで楽であり、一般的に見られる4速ユニットよりも高く評価されています。ハンドリングは快適で、反応の早いステアリングでハードコーナーが楽になり、でこぼこ道を通る時の伝説的な滑らかさがあります。

車についてくるアイテム:
レストアと改修時の請求書のコピーと、車載油圧システム用の予備の油圧作動油のコンテナが付属しています。

 
【写真】
         

 
■動画はこちらClick here
■動画はこちらClick here