ランボルギーニ ミウラ P400 1968 レッド
 
車両価格:975,000ユーロ /118,950,000円* **
(*為替の関係で変動する場合があります  **プラス別途当社手数料3%がかかります)
 
オリジナルのエンジン&カラーコンビネーション(マッチングナンバー&マッチングカラー)!

**本車両について**
ベルトーネデザインスタジオが創り出した自動車のマスターピース、ランボルギーニ・ミウラ!
本車両は1968年6月に、イタリアのランボルギーニディーラーであったBellavista社に納車されたものです。
1973年3月には二番目のオーナーであるスウェーデン人の手に渡り、1975年10月からはマルメー出身のその友人が
1985年4月まで本車両を所有しました。
次のオーナーは1999年に多額の費用を投資してフルレストアを施し、2005年まで本車両を所有。
その後ドイツ人のオーナーが自家用車として12年間愛用し、
2017年に現在のオーストリア人オーナーの手元に渡ることとなります。
現オーナーは本車両をコレクションとして保管していたため、登録はしておらず、今回の売却はコレクションのポートフォリオの整理の為だとのことです。

**本モデルの歴史**
1966年春のジュネーブモーターショーでお披露目されたサンタガータ出身のミウラは、観客のみならずモータージャーナリストたちからも大注目の的でした。
センセーショナルなルックスはもとより、4LのV12パワープラントがミッドエンジンに搭載されたレイアウトは革命的なもので、
最高速度時速275kmという走りはメインのライバルであったフェラーリにも大きなチャレンジとなりました。
1970年までに僅か474台のP400が手作りで生産されたわけですが、マルセロ・ガンディーニが27歳という若さでデザインしたボディワークは
近年では自動車史に残るマイルストーンとされています。1.05mというその高さからも、ミウラは最も平らなスポーツカーとしてもその名を知られています。

**データ&ファクト**
初年度登録:1968年
生産台数:474台(P400)
エンジン:V12ミッドエンジン、水冷式、DOHC
キャパシティ/エンジン出力: 3.929 cc/ 約350 hp/ 257 kW(7.000 rpm時)
ギアボックス:マニュアル、5段変速、フロアシフト
ブレーキ:ディスク、ハイドロリックス
重量(ネット):1,180kg
最高時速:約275km/h
書類:スウェーデン登録関係書類、レストア関連書類多数、ドイツ登録関係書類

**ハイライト**
ランボルギーニ・ミウラがスペシャルな理由とは?
– ミッドエンジンのレイアウトを最初に提案したスーパーカー
– そのパワーx重量比率から生み出される圧倒的なドライビングパフォーマンス
– 他に類を見ないだけでなく、衰えることを知らない魅力的なデザイン
– ランボルギーニの乗用車で初めて収益をもたらしたモデル
– P400の生産台数474台中、ヒストリーが明らかで、更にインテリアも純正というのはごく僅かしか存在しない

 
【写真】
         

 
 
 
■詳細画像はこちら