フェラーリ 512 M 1996 30,450km
 
車両価格:275,000 ユーロ / 37,125,000 円*
(*為替の関係で変動する場合があります**プラス別途当社手数料5%がかかります)
 
年式:1996年

走行距離:30,450km

色:ロッソコルサのボディにベージュレザーの内装

マニュアル車

ガソリン車

パワー:324 kW (441 hp)

クーペ

後輪駆動

2人乗り、1ドア

スイス仕様

2021年7月整備実施(タイミングベルト交換済み)

3オーナー

フル整備履歴あり

禁煙車

エンジン:4,943cc

5ギア、12シリンダー

排ガス規制:4(グリーン)

その他:
-エアコン
-オートマチックエアコン
-電動サイドミラー
-キーレス集中ロック
-パワーウィンドウ
-ラジオ
-ABS
-18インチアロイホイール
-キャタリックコンバーター
-E10対応

希少な512Mの中でも優れた例で、ロッソコルサ/クオイオのカラーコンビネーションが特に美しい車です。
完全にさかのぼって追跡可能な履歴、低走行距離、タイミングベルトを含むメジャーな整備を2021年に実施。
この車は、スイスで最初に納車されたもので、2008年にスイスで一度オーナーが変わり、2013年にフェラーリ正規ディーラーを経由して現在のオーナーの元にやってきました。現在、車にはドイツの書類が添付されています。
車両履歴は完全に追跡可能で、10回の点検がオリジナルの記録本に刻印されています。最後のタイミングベルトの交換は2021年に実施されました。
鍵は2セット、オンボードフォルダー一式、オリジナルオンボードツール、フェラーリダストカバーが付いてきます。
コンディションと歴史の両方が、フェラーリ・エンスージアストにとって完璧なコレクターズ・アイテムとなっています。
512Mは、伝説のテスタロッサの最終型であり、1995年から1996年にかけて約500台のみ製造されています。そのため、最も希少なバージョンであり、コレクターに最も求められているモデルでもあります。ミッドエンジンV12から脱却する少し前、フェラーリは再びこのタイプの開発に多大な投資を行い、エンジンは440psにパワーアップし、ボディは最新のエリプソイド技術を採用した固定式ヘッドライトに変更され、テールライトはクラシックな丸型に戻されています。

 
【写真】
         

 
 
 
■詳細画像はこちらClick here